東山魁夷

Kaii Higashiyama

代表作品

東山魁夷〈ひがしやま かいい〉

明治41(1908)年、横浜に生まれた東山魁夷(本名/新吉)は、東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画学科を卒業し、ドイツに留学、欧州各地を巡り日独交換留学生に選ばれ、ベルリン大学に入学も父親病気のため中途帰国する。太平洋戦争への応召や相次ぐ肉親の死を乗り越えて、清澄な風景画を発表し続ける。十年の月日を費やして完成させた「唐招提寺障壁画」は、東山魁夷の心の祈り《心象風景》を写し出す代表作である。

略歴

1908 7月8日横浜市に生まれる。本名、東山新吉。

 

1931 東京美術学校日本画科を卒業。

    この年から結城素明に師事し、魁夷と号する。

 

1933 ヨーロッパ美術研究のために渡欧。(35年帰国)

1934 第1回日独文化交換学生としてベルリン大学入学。

1939 第1回日本画院選で『冬日』が日本画院賞第一席となる。

 

1940 日本画家川崎小虎の長女すみと結婚。

1956 『光昏』で日本芸術院賞受賞

 

1968 新宮殿壁画『夜明けの潮』が完成。

1969 文化勲章を受章し、文化功労者に選ばれる。

1975 唐招提寺障壁画『山雲』『濤声』が完成。

1980 唐招提寺第二期障壁画『黄山暁雲』『揚州薫風』『桂林月宵』が完成

1981 唐招提寺鑑真和上像厨子絵『瑞光』を奉納

 

1989 ベルリン国立東洋美術館、 ハンブルク工芸美術館、

    ウィーン・キュンストラーハウスにて「東山魁夷展」が開催される。

1990 長野市の城山公園内に信濃美術館に併設して東山魁夷館が開館。

 

1999 5月6日逝去。享年九十。(奇しくも鑑真和上が入寂した月日と同じであった)

 

2005 国連60周年記念企画展・「東洋の心」山水の美ー国連展

     中国の写真芸術家・汪蕪生氏と共同出展

 

代表作品

主な東山魁夷作品 [▶︎クリックすると画像と解説があります]

 

『 自画像 』 1923 (大正12) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 南天 』 1927 (昭和02) 東京藝術大学大学美術館

『 牡丹図 』 1927 (昭和02) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 柿生の里 』1928 (昭和03) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 祭りの夜 』1929 (昭和04) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 山谿秋色 』1932 (昭和07) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 山・海 』 1940 (昭和15) 富山県水墨美術館

▶︎『 残照 』 1947 (昭和22) 東京国立近代美術

『 秋光 』 1947 (昭和22) 古川美術館

『 彩林 』 1949 (昭和24) 東京都現代美術館

『 静宵 』 1949 (昭和24) 上原近代美術館

『 静宵 』 1949 (昭和24) セキ美術館

▶︎『 道 』 1950 (昭和25) 東京国立近代美術館

『 紅葉の谷 』 1952 (昭和27) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 秋風行画巻 』 1952 (昭和27) 東京国立近代美術館

『 たにま 』 1953 (昭和28) 東京国立近代美術館

『 晩照 』 1954 (昭和29) 東京国立近代美術館

『 光昏 』 1955 (昭和30) 日本藝術院会館

『 秋峡 』 1955 (昭和30) 松岡美術館

『 秋富士 』 1955 (昭和30) 静岡県立美術館

『 叢篁 』 1957 (昭和32) メナード美術館

『 山かげ 』 1957 (昭和32) 東京国立近代美術館

『 秋映 』 1957-62 (昭和32-37) 名都美術館

▶︎『 秋翳 』 1958 (昭和33) 東京国立近代美術館

『 木霊 』 1958 (昭和33) 東京国立近代美術館

『 高原の月 』 1958 (昭和33) 講談社野間記念館

『 新涼 』 1958 (昭和33) 講談社野間記念館

『 漁村 』 1958 (昭和33) 講談社野間記念館

『 時計台のある家 』 1958 (昭和33) 講談社野間記念館

『 秋映 』 1959 (昭和34) 歌舞伎座

『 暮潮 』 1959 (昭和34) 東京国立近代美術館

『 潮音 』 1959 (昭和34) 講談社野間記念館

『 爽涼 』 1959 (昭和34) 講談社野間記念館

『 水郷 』 1959 (昭和34) 講談社野間記念館

『 倉敷の白壁 』 1959 (昭和34) 講談社野間記念館

▶︎『 青響 』 1960 (昭和35) 東京国立近代美術館

『 黄耀 』 1961 (昭和36) 東京国立近代美術館

『 雪降る 』 1961 (昭和36) 東京国立近代美術館

『 秋映 』 1961 (昭和36) 諏訪北澤美術館

『 山湖 』 1961 (昭和36)頃 福岡市美術館

▶︎『 映像 』 1962 (昭和37) 東京国立近代美術館

『 リーベの家 』 1963 (昭和38) ポーラ美術館

『 ハルダンゲル高原 』 1963 (昭和38) 名都美術館

『 倉庫 』 1963 (昭和38) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 白夜 』 1963 (昭和38) 諏訪北澤美術館

『 静夜 』 1963 (昭和38) 諏訪北澤美術館

『 森のささやき 』 1963 (昭和38) 東京都現代美術館

『 スオミ 』 1963 (昭和38) 泉屋博古館

『 冬華 』 1964 (昭和39) 東京国立近代美術館

『 白い嶺 』 1964 (昭和39) 山種美術館

『 森の静寂 』 1964 (昭和39) 新潟県立近代美術館

『 白夜光 』 1965 (昭和40) 東京国立近代美術館

『 月篁 』 1967 (昭和42) 東京国立近代美術館

『 春静 』 1968 (昭和43) 山種美術館

▶︎『 年暮る 』 1968 (昭和43) 山種美術館

▶︎「花明り』 1968(昭和43)年/株式会社大和證券グループ本社

『 曙 』 1968 (昭和43) 諏訪北澤美術館

『 磯 』 1968 (昭和43) 諏訪北澤美術館

『 谿紅葉 』 1968 (昭和43) 兵庫県立美術館

『 秋深し 』 1969 (昭和44) ポーラ美術館

『 月明 』 1969 (昭和44) 諏訪北澤美術館

『 潮声 』 1969 (昭和44) 諏訪北澤美術館

『 満ち来る潮 』 1970 (昭和45) 山種美術館

『 月涼し 』 1970 (昭和45) 諏訪北澤美術館

『 春を呼ぶ湖 』 1970 (昭和45) 頃 大川美術館

『 緑のハイデルベルグ 』 1971 (昭和46) 諏訪北澤美術館

『 晩鐘 』 1971 (昭和46) 諏訪北澤美術館

▶︎『 窓 』 1971 (昭和46) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 静かな町 』 1971 (昭和46) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 石の窓 』 1971 (昭和46) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 曠原( ドイツ、リューネブルガー・ハイデ )』 1971 (昭和46) メナード美術館

『 水辺の朝 』 1972 (昭和47) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

▶︎『 白馬の森 』 1972 (昭和47) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 春雪 』 1973 (昭和48) 千葉県立美術館

『 夕静寂 』 1974 (昭和49) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 濤声 』 1974 (昭和49) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 山雲湧く 』 1974 (昭和49) 佐久市立近代美術館

『 緑潤う 』 1976 (昭和51) 山種美術館

『 桂林月夜 』 1976 (昭和51) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 雲立つ嶺 』 1976 (昭和51) メナード美術館

『 暁雲 』 1977 (昭和52) 高崎市タワー美術館

『 凍池 』 1977 (昭和52) 北九州市立美術館

『 灕江暮色 』 1978 (昭和53) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 黄山雨過 』 1978 (昭和53) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

▶︎『 白い朝 』 1980 (昭和55) 東京国立近代美術館

『 静唱 』 1981 (昭和56) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

▶︎『 緑響く 』 1982 (昭和57) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 春兆 』 1982 (昭和57) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 静映 』 1982 (昭和57) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 春梢 』 1983 (昭和58) 出光美術館

『 沼の静寂 』 1983 (昭和58) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 緑の窓 』 1983 (昭和58) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 樹 』 1984 (昭和59) 横浜美術館

『 霧氷の譜 』 1985 (昭和60) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 渓音 』 1986 (昭和61) 東京藝術大学大学美術館

『 若葉の渓 』 986 (昭和61) 古川美術館

▶︎『 山霊 』 1987 (昭和62) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 秋思 』 1988 (昭和63) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 冬の旅 』 1989 (平成01) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 深山湧雲 』 1989 (平成01) 髙島屋史料館

『 行く秋 』 1990 (平成02) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 悠紀・主基地方風俗歌屏風』 1990 (平成02) 宮内庁三の丸尚蔵館

『 緑の湖畔 』 1991 (平成03) ポーラ美術館

『 雪の山郷 』 1991 (平成03) 愛知県美術館

『 沼 』 1993 (平成05) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 静晨 』 1994 (平成06) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 聖夜 』 1994 (平成06) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 夕紅 』 1996 (平成08) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 樹氷 』 1996 (平成08) 高崎市タワー美術館

『 木枯らし舞う 』1997 (平成09) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

▶︎『 夕星 』 1999 (平成11) 長野県信濃美術館・東山魁夷館

『 萌春 』 不明 掛川市二の丸美術館

『 浅春 』 不明 掛川市二の丸美術館

『 潮風 』 不明 名都美術館

 

東山魁夷
東山魁夷記念一般財団法人
東山魁夷記念一般財団法人
東山魁夷
東山魁夷記念一般財団法人
東山魁夷記念一般財団法人
東山魁夷

略歴

1908

7月8日横浜市に生まれる。本名、東山新吾。

1931

東京美術学校日本画科を卒業。

 この年から結城素明に師事し、魁夷と号する。

1933

ヨーロッパ美術研究のために渡欧。

(35年帰国)

1934

第1回日独文化交換学生として

ベルリン大学入学。

1939

第1回日本画院選で『冬日』が

日本画院賞第一席となる。

1940

日本画家川崎小虎の長女すみと結婚。

1956

『光昏』で日本芸術院賞受賞

1968

新宮殿壁画『夜明けの潮』が完成。

1969

文化勲章を受章し、文化功労者に選ばれる。

1975

唐招提寺障壁画『山雲』『濤声』が完成。

1980

唐招提寺第二期障壁画

『黄山暁雲』『揚州薫風』『桂林月宵』が完成

1981

唐招提寺鑑真和上像厨子絵『瑞光』を奉納

1989

ベルリン国立東洋美術館、 ハンブルク工芸美術館、 ウィーン・キュンストラーハウスにて「東山魁夷展」が開催される。

1990

長野市の城山公園内に信濃美術館に併設して東山魁夷館が開館。

1999

5月6日逝去。享年九十。

(奇しくも鑑真和上が入寂した日と同じであった)

2005

国連60周年記念企画展

「東洋の心」山水の美ー国連展

中国の写真芸術家・汪蕪生氏と共同出展

 

東山魁夷記念一般財団法人
東山魁夷
東山魁夷記念一般財団法人